痛さを最小限にする歯科

歯科医院で使用される麻酔の種類は主に局所麻酔で、十分に効いたと判断してから治療を始めますがまだ不十分だと感じた場合は遠慮せずに伝えることができます。神経の炎症がひどい場合や骨が通常よりも厚みがある場合は効きにくい人がいて、こういう時は我慢せずに医師に伝えれば大丈夫です。治療することに恐怖を感じている方や抜歯の時のめりめりという音など治療に不快感がある場合、一般の歯科医院では意識レベルを下げる目的で笑気麻酔という種類のものを使用する場合があります。笑気ガスを吸入しながら治療を受けることができ、大学病院などの大きな病院では鎮静剤を点滴で投与しながら治療を行います。笑気ガスを扱っていない場合でも歯科医に治療が怖い旨を伝えれば、作業に時間をかけるなど工夫をしてくれます。広い範囲に使える種類に伝達麻酔があり太い神経の近くに打つのが特徴で、上顎に使用するときは口の中から目の下あたりに注射します。治療する歯のごく近くに打つのが浸潤麻酔です。歯の周りはどこも組織が密になっていて痛みを感じやすい部位です。骨の中まで薬を浸透させるのには時間がかかるため、歯科医師は回数を重ねて時間をかけて丁寧に作業をします。

↑PAGE TOP

Menu