• トップ /
  • 歯科治療時の痛くない麻酔の特徴

歯科治療時の痛くない麻酔とは?

歯科治療時に感じる痛みがあまり得意でないという人は多いと思います。中でも、歯茎に麻酔注射を刺すときの痛みが特に苦手という人もいるのではないでしょうか。しかし、近年では、麻酔注射時の痛みを軽減する無痛治療を取り入れることで、患者の負担を軽減してくれる歯科医院も増えてきています。痛みを感じにくい麻酔注射の特徴のひとつは、注射をする前に歯茎に表面麻酔を塗ることです。これは、歯茎を麻痺させることで、針を刺すときの痛みを感じにくくする方法です。また、歯科医師が手動で注射を行うのではなく、コンピューター制御による電動の注射器を使うという特徴もあります。電動注射器では極細の注射針が使える上、液を一定のスピードで注入することできるため、痛みが抑えられると言われています。そのほかの特徴としては、注入する液を温めることが挙げられます。最も痛みを抑えられる温度は人肌と同じ温度とされており、専用の装置を使って体温と同等の37度程度にします。さらに、歯科医院によっては、どうしても注射時の痛みが耐えられない、どうしても注射が怖いといった患者には、注射を使わない、笑気麻酔を行ってくれます。これは、鼻から吸い込むことでリラックスできる亜酸化窒素というガスを使うことで、患者の恐怖心を軽減する方法です。

↑PAGE TOP

Menu