歯医者という職業について

医療従事者の中でも、歯学としての診断や治療、さらに予防、公衆衛生の普及をおこなっている医師を「歯医者」といいます。歯医者が勤務している診療科目は、最近では一般的な歯科のほか、矯正歯科や歯科口腔外科、小児歯科、高齢者歯科、障害者歯科、歯科麻酔科、口腔内科、予防歯科などがあります。基本的に歯を健康にして保持することが仕事です。そして、麻酔器具などを使用して、痛くない治療もおこなわれるようになりました。さらに、治療するより予防するということを今では求められてきています。

↑PAGE TOP

Menu