• トップ /
  • 歯科の麻酔は別途請求される

症状によって変わる歯科費用

治療中の安全のため、あるいはリラックスして治療が受けられるように痛くない治療法を行う歯科クリニックでは麻酔を使った対応が行われ、治療費とは別途で費用が発生し、請求されることがあります。インプラントなどを行うときには静脈内鎮静法を用いられることが多く、虫歯治療などでは笑気ガスが用いられることが歯科治療で増加しています。治療は、個々の症状や状態に合わせて術式が選択されて、保険診療か自費診療かに分かれます。麻酔の費用も保険診療であれば全身麻酔で3万から4万円程度からとなり、歯科によって多少違いがあります。笑気ガスは1万円程度ですが、これも治療内容によって違ってくるため、治療前に明確な費用がわかるように、カウンセリングや治療の説明を受ける際に料金の説明を受けるか、歯科クリニックから見積もりを作成してもらいましょう。あとから治療費と別途請求されて麻酔代だけで10万円を超えることも、治療によっては不思議ではありません。すぐに払えない場合は歯科クリニックに分割払いが可能であるかなど、費用について先に確認を済ませておくと安心して治療に取り組むことができます。一部の部分麻酔は場合によって無料で行われることがありますが、クリニックによって費用が違ってくることを知っておきましょう。

↑PAGE TOP

Menu